香りが優雅で優しいハーブを上手に活用しよう

優雅な香りはお茶や枕に

女性

活用の方法は

ジャスミンはリラックスする香りがあり、とてもいろいろな方法があります。とはいえ、使う場合にはいくつかのルールやマナーがありますので、その点は気をつけておきましょう。まず、どんな場合でも過剰に使うのはよくありません。例えばお茶にするにしてもお茶の多量摂取、つまり飲み過ぎるとトイレが近くなったりする可能性もあります。特にジャスミンティーは利尿作用があり、お茶を飲み過ぎると脱水症状を起こす場合もありうるので注意が必要です。また、香水やポプリなどはいい香りがしますが、その香りは基本的に自分だけで楽しむか、香水などで周辺に香らせる場合は控えめにしておきましょう。周辺に香りが強すぎて迷惑をかける香害というのも注意が必要になります。次に、リラックスする効果があるため出来れば午後や夕方が望ましいでしょう。ただし、ジャスミンのお茶はだいたい緑茶や紅茶とのブレンドティーが多く、カフェインが含まれることが多いものです。このため、飲み過ぎると眠れなくなったりする場合もありますので、お茶として飲む場合は夜遅くの時間は気をつけておいてください。また、カフェインに過剰反応がある場合やカフェインで酔う場合は避けた方がいいかもしれません。

ジャスミンの一番の香りは、その香りです。香りの特徴としては穏やかで甘くうっとりするような香りであり、リラックスするときめくような女性的な優しい香りがします。また、ジャスミンの香りはエキゾチックなイメージや、中国のような異国情緒を持っています。人によってはアラビアを想像させたり、人によっては中国を想像させます。日本では中国系の香りや中国茶のイメージを持つ人も多いでしょう。使い方は香水という方法もあり、またポプリなどで使う方法もありますが、それよりもやはり主流なのはお茶です。特に中国茶に香りをつけたり、工芸茶といって抽出する時に独特の形になって目を楽しませてくれるタイプのお茶の香りづけにもなっています。ジャスミンの花は白く可憐な花をつけますので、イメージとしては女性的なイメージが強いでしょう。香りもどちらかといえば女性的で、リラックス効果があります。ただあまり強い香りではないので、ポプリなどにするとあまり香りが長持ちしません。香りを長く楽しみたいのであれば、香水や専門のアロマオイル、精油など製品として楽しむのもいいでしょう。また、庭やベランダで栽培することで楽しむ人もいますから、育てて楽しむのも一つの方法となっています。

Copyright© 2020 香りが優雅で優しいハーブを上手に活用しよう All Rights Reserved.