香りが優雅で優しいハーブを上手に活用しよう

香りでうつ病を緩和

医者

気持ちを落ち着かせ明るい気分にする方法

ジャスミンには、リラックス成分が含まれています。そのため、気持ちを安定させ、うつ病の改善に効果を期待できると言われています。さまざまな方法でジャスミンの作用を取り入れることができますが、多くの方が試しているのがアロマセラピーや紅茶です。どちらの方法も気軽に試すことができ、日常生活の中で続けやすいのも嬉しい点といえます。アロマセラピーでジャスミンの効果を実感したいのであれば、香りを楽しんでみることもおすすめの方法です。香りの作用によって脳に刺激を与え、リラックス効果を得られるだけでなくホルモンの分泌を促進してくれます。メンタルを強化する効果効能が数多くあることでも知られているので、日常生活で積極的に取り入れてみましょう。ジャスミンの香りは、鎮静作用により、気分の落ち込みを緩和します。心身の疲れを感じている時は、アロマセラピーで香りを楽しみながらオイルとして使用しマッサージをしてみると身体が和らぎリラックスできます。また、大辺緑系を刺激するのも特徴的な作用の一つです。大辺緑系は、自律神経を整えストレスを緩和してくれるだけでなく、記憶や感情をコントロールしています。うつ病の緩和を目指すのであればジャスミンの力を借り、リラックスできる対策をしてみることも効果的です。

ジャスミンは、うつ病対策の民間療法としても取り入れられており、リラックス効果を実感したいという方からも高い評価を集めています。白く小さな花を咲かせるのもジャスミンの特徴でクレオパトラも愛した華やかな香りを放ちます。ジャスミンの香りには、快楽ホルモンであるドーパミンを分泌する作用があります。ドーパミンを効率よく分泌させることで気分の落ち込みを軽減し、明るい気持ちへと変えてくれるのも嬉しい効果です。また、エンファリンという物質も発生させることから、脳や神経に刺激を与え気分を上げ前向きな気持ちになれます。ジャスミンをアロマセラピーで楽しむのであればアロマディフューザーを使うと便利です。数滴のエッセンスをアロマディフューザーに垂らすだけで香りを楽しめるので、手間も時間もかかりません。外出先で楽しみたい方は、ハンカチやティッシュに精油を垂らしてみると効果的です。家の中だけでなく外出先でもいつでもリラックスすることができ、気持ちを落ち着かせることができます。大量に垂らさなくても数滴で十分な香りを楽しめるので、適量で使用することもポイントです。ジャスミンは、うつ病の緩和やリフレッシュ効果を期待できるため、メンタルの悩みを抱えている方におすすめの精油といえます。

Copyright© 2020 香りが優雅で優しいハーブを上手に活用しよう All Rights Reserved.