香りが優雅で優しいハーブを上手に活用しよう

精神的な安定を得るために

診察

子宮のハーブの力を活用しよう

オフホワイトの星形の花を咲かせる低木のジャスミンにはリラックス効果があるとされ、いろいろな目的に活用されています。別名「子宮のハーブ」とも呼ばれており、女性の生殖器や女性ホルモンの働きを活発にさせる作用が認められています。女性はホルモンの働きが乱れることでイライラしがちですが、そうした女性特有の不安感やイライラを抑制してくれてリラックスできるでしょう。また出産時のサポートやマタニティーブルーの解消にも使われています。さらに生理痛がひどいときに、ジャスミンのオイルでおなかをマッサージすると生理痛が緩和するとも言われています。女性の健康と心の安定のために、活用されるハーブなのです。また心をリラックスさせて安眠効果もあるので、不眠症の治療にも有効です。寝る前にジャスミンティーを飲むのも良いですし、ジャスミンの香りのスプレーをベッドルームに使うことで眠りを誘ってくれます。甘い香りに鎮静効果があるので、ルームスプレーとして普段から活用すれば部屋でもリラックスして過ごせることでしょう。ジャスミンのハーブティーでフェイシャルパックをすれば、抗炎作用により肌の状態も落ち着きます。甘く優雅な香りのおかげで、ゆったりとした気持ちでスキンケアができるはずです。

ジャスミンはハーブの一種ですが、心身のリラックス目的としてはハーブティーやキャリアオイルとして使うことが多いです。ジャスミンティーにはいくつか種類があり、ウーロン茶をベースとした香片(こうへん)と呼ばれるお茶がよく見られます。苦味が少なくて飲みやすいお茶で人気です。見た目も華やかな「ジャスミンボール」は濃厚な香りと味のお茶です。自宅では、ティーパックになったものを使用することが多いのではないでしょうか。これらは寝る前に飲むことでリラックスできて、寝付きが良くなります。次にキャリアオイルとして使用する際には、ほかの精油と混ぜて使用することで効果が高まります。ジャスミンの純粋なオイルは、デリケートでなかなか抽出も難しいとされています。芳香の王とも呼ばれる、贅沢で効能の高いオイルなのです。オリエンタル系の「イランイラン」や柑橘系、そのほかフローラル系の「ローズ」や「カモミール」と組み合わせて活用してみましょう。また「ローズマリー」は体温を上げてくれるので、ジャスミンを組み合わせることで冷え性の解消にもつながります。バスタイムを利用してリラックスしたいなら、浴槽にキャリアオイルを数滴入れて入浴するのも良い方法です。

Copyright© 2020 香りが優雅で優しいハーブを上手に活用しよう All Rights Reserved.